ルフィーナ

日焼けで背中ニキビができる理由 | 紫外線による悪影響を徹底解説

「日焼けが背中ニキビの発生をまねくって本当?」

「なんで日焼けすると背中ニキビができるの?」

この記事に訪れた人は、上記のようなことを考えた人だと思います。

 

日焼けする季節といえば、やっぱり夏です。夏は紫外線が強く、日焼けしやすいのに加えて、海やリゾート施設で泳ぐことが多いです。

背中を露出する機会が多い夏だからこそ、日焼けと背中ニキビの関連性が気になるんですよね。

 

結論から言いますと、背中が日焼けすると、背中ニキビは発生・悪化してしまいます!

紫外線は、短時間浴びるだけなら「新陳代謝の促進」など良い効果がありますが、浴びすぎて日焼けすると肌に悪影響をもたらします。

 

そこで今回は、「日焼けすると背中ニキビが発生・悪化する理由」「おすすめの紫外線対策」「日焼けで背中ニキビができた時の治し方」の3つをわかりやすく解説しますよー!

 

この記事を読めば、日焼けを気にすることなく、時間を忘れるくらい夏を楽しめると思います。

それでは早速、「日焼けすると背中ニキビが発生・悪化する理由」から見ていきましょう。

 

日焼けすると背中ニキビが発生・悪化する理由

 

日焼けが原因で、背中ニキビが発生・悪化するのには、以下の3つの理由がありました。

 

日焼けで背中ニキビができる理由

『乾燥肌』におちいり背中ニキビが発生する

肌のバリア機能が低下して背中ニキビができやすくなる

活性酵素の過剰発生により背中ニキビが悪化する

 

1つずつ、ていねいに解説していきます。

 

『乾燥肌』におちいり背中ニキビが発生する

 

日焼けすると、肌内部の水分が蒸発して「乾燥肌」におちいります!

 

乾燥による背中ニキビを保湿ケア!短期間で治す方法も特別に公開』でもお話ししましたが、乾燥肌は、皮脂の分泌量を過剰にして、「毛穴の皮脂づまり」を引き起こすという悪影響をおよぼします。

ニキビができるのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まるため。だから、毛穴の皮脂づまりを引き起こす乾燥肌になると、背中ニキビが発生するわけですね。

 

 肌のバリア機能が低下して背中ニキビができやすくなる

 

「肌のバリア機能が低下する」のは、日焼けによる「ターンオーバーの乱れ」が原因です!

ターンオーバーとは、古くなった角質を新しい角質と交換する働きのこと。この働きによって、肌が新しく生まれ変わり、ニキビなどの肌荒れがなくなっていくんです。

 

しかし、日焼けによってターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能は低下してしまいます。

そして肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激に弱くなり、背中ニキビができやすくなります!

このバリア機能が低下した状態というのが厄介で、「ちょっとした刺激でも背中ニキビが発生してしまう」んですよね…。

 

\ 長風呂が肌のバリア機能を低下させるって知ってましたか? /
>> 関連記事:【長風呂NG】背中ニキビができる湯船の浸かりかた【4選】

 

活性酵素の過剰発生により背中ニキビが悪化する

 

紫外線の浴びすぎで日焼けすると、皮膚に『活性酵素』がたくさん発生します。

活性酵素が増えすぎると、肌あれを起こしたり、肌の老化を進めたりします。つまるところ、活性酵素が増えすぎたら、肌に良いことが1つもないんです!

この活性酵素が増えすぎる原因の1つが、日焼けというわけですね。

 

日焼けにより活性酵素がたくさん発生すると、毛穴の皮脂づまりを悪化させて、背中ニキビが発生してしまいます!

また、毛穴に詰まった皮脂を酸化させて、「背中ニキビの炎症を悪化させる」恐れもあるんです。

 

【背中ニキビができる前に】おすすめの紫外線対策法

 

この項目では、「おすすめの紫外線対策」を紹介します。背中ニキビができる前に、紫外線から肌を守ろうというわけですね。

この記事で紹介する方法はカンタンなので、働いていて忙しい女性でも対策しやすいと思います。

 

紫外線対策として、以下の方法がおすすめです!

 

①紫外線吸収剤フリーの日焼け止めクリームを毎日塗る

②夏場は日焼け止めクリームを定期的に塗りなおす

③日傘・帽子を持ち歩く

④ビタミンC(みかん、ブロッコリー、バナナなど)を積極的に摂る

 

どれも紫外線対策として有名な方法ですよね。

私も紫外線対策として、春と秋の季節でも日焼け止めクリームを毎日塗っています!

 

ちなみに、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを選ぶべきなのは、「紫外線吸収剤が肌への刺激が強く、背中ニキビを発生させる恐れがあるから」です。日焼け止めは汗で流れ落ちるため、夏場は特に塗りなおしを怠らないようにしましょう。

また、日傘は日差しを通しにくい「黒色」を選ぶことをおすすめします。

 

日焼けで背中ニキビができた場合│効果的な治し方

 

たとえ紫外線対策を万全に行なったとしても、日焼けによって背中ニキビができることはあります。

私がまさにそうなんですが(w)、この記事を読んでいる人の中にも、日焼け止めクリームを塗ったけど日焼けして背中ニキビが発生した、という人はいるのではないでしょうか?

そんな人に向けて、この項目では「日焼けして背中ニキビができた場合の効果的な治し方」をお話しします。

 

紫外線で背中ニキビが発生、または悪化した場合は、「保湿」で治すことができます!

保湿をすることで、「乾燥肌と肌のバリア機能の低下を改善できるから」です。

 

保湿で水分と油分のバランスを整えられれば、肌を健康な状態にもどせます。すると、乾燥肌による皮脂の過剰分泌がなくなりますし、外部からの刺激にも負けなくなります。

もちろん、背中ニキビを治す要であるターンオーバーも正常に働きますよ♪

 

なので、日焼けして背中ニキビが発生・悪化した人は、朝と夜に保湿クリームを塗るようにしましょう!

 

次の項目では、「比較的早い期間で背中ニキビを治せる保湿クリーム」を紹介しています。

日焼けによる背中ニキビを治したい人必見です。

 

日焼けによる背中ニキビを短期間で治せる保湿クリーム

あなたが、背中ニキビを治す目的で保湿クリームを使用するなら、私は『ルフィーナ』の使用を強くおすすめします!

 

 

ルフィーナは、「背中ニキビのケア専用」に作られた保湿クリームです。

そのため、通常の保湿クリーム以上に、背中ニキビのケアに効果的な成分が含まれているんですよ!

 

また、ルフィーナは、背中ニキビ専用の保湿クリームの中でも、「保湿成分が多い」ことに評判があります。

下記の表をご覧ください。

 

背中ニキビ専用クリーム 保湿成分の数 即効性
ルフィーナ 26
ジッテプラス 24
パルクレールジェル 22

※3つの商品の保湿成分の数は、わたしが成分を1つずつ調べた結果のものです。もし数に誤りがあれば、正確な保湿成分の数と成分名を教えてくださると嬉しいです!

 

3つの背中ニキビ専用の保湿クリームのなかで、ルフィーナが最も保湿成分を豊富に含んでいます。26種類も含まれていたのは、私が調べたかぎりですと「ルフィーナだけ」でした!

 

日焼けで発生した背中ニキビのケアに、保湿が重要というのは、この記事で解説したとおりです。

だから、背中ニキビに効く成分と保湿成分が豊富に含まれているルフィーナなら、「日焼けによる背中ニキビをほかの商品よりも短期間で治せる」と私は考えています!

>> 関連記事:ルフィーナの背中ニキビの効果│背中ニキビが短期間で治る理由

 

>> ルフィーナを今すぐ使用する

 

日焼けで背中ニキビが発生・悪化する理由まとめ

最後にまとめとして、日焼けで背中ニキビが発生・悪化する理由をおさらいして終わりましょう。

 

紫外線で背中ニキビができる理由

乾燥肌で毛穴に皮脂が詰まりやすくなる

ターンオーバーの乱れで肌のバリア機能が低下し、外部からの刺激に弱くなる

活性酵素の過剰発生で毛穴の皮脂を酸化させる

 

夏になると特に強くなる紫外線。家の中で過ごすときでも、毎日欠かさず日焼け止めクリームを塗って、紫外線を予防しましょう。

 

また、背中ニキビに悩んでいる人は、ぜひルフィーナ』を使ってみてくださいね♪

ルフィーナなら、「1日でも早く背中ニキビを治したい」「背中ニキビを治して周囲の視線を気にすることなく海で遊びたい」という、あなたの願いをきっと叶えられます!

>> 関連記事:ルフィーナの背中ニキビの効果│背中ニキビが短期間で治る理由

 

\ 早く使った分だけ治るのも早い! /

>> ルフィーナを今すぐ使用する

 

▼記事中に紹介した記事リンク集です。背中ニキビに悩むあなたの役に立ちます▼